お墓の構成について

お墓の構成は大きく3つに分けられます。

  • 石塔:お墓の顔となる部分
  • 外柵:墓地区画を囲む部分
  • カロート(納骨室):遺骨を納める部分

その他にも、線香立て・花立て・水鉢・香炉・拝石・塔婆立て・灯篭・墓誌・門柱・供物台・植木・名刺受け・物置台など、多くの付属品や装飾品があります。

〈お墓の名称〉
お墓の部材の各名称


  • 石塔

石塔は石の卒塔婆の略になります。石で造ったお釈迦様の仏舎利のあるお墓、つまり石の「仏塔」です。石塔は、墓石の中心になる石で開眼供養の際、僧侶によって魂が入れられます。形には原則的に決まりはありませんが、墓地によっては形状について一定の規制や統一をしているところもあります。

一般的な和型の石塔は、「竿石」「上台」「中台」「芝台」の4つで構成される場合と、「芝台」を省いた3つで構成される場合があります。

和型墓石の石塔

和型墓石の石塔

三段墓の基本的な構成は、二つの台石(上が上台石、下が中台石)の上に細長い塔型の石を載せたものです。一番上の塔型の石は「お題目」「先祖代々之墓」「○○家之墓」などの文字が刻まれる最も大切な石で、竿石(棹石)または仏石・寿石とも呼ばれています。棹石は天、上台石を人、下台石を地に見立てており、それぞれ人石(禄石)、地石(福石)ともいいます。竿石が仏石あるいは寿石と呼ばれるのは、仏様を迎えるための石という意味がこめられているからです。つまり、墓石はお墓に仏様を迎えて、先祖や故人の供養をするためのものですから、その心さえわきまえていれば、とくに墓石の形や大きさにこだわる必要はないと言えます。

  • 竿石(棹石)

竿石(棹石)はお墓の顔の部分です。和型の墓石では「○○家之墓」や、お題目の「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」「○○家奥津(都)城」が刻まれることが多く、洋型墓石の場合は、故人の個性や想い表現した「愛」「和」「心」「感謝」などの文字と、ゆかりのあるイラストなどが刻まれることが多いです。

  • 上台

上台には、家紋や家名・蓮華模様などが刻まれます。

  • 芝台

芝台はお墓の土台となる石で、カロートの保護や香炉・花立ての置き台にもなります。

外柵

外柵

外柵

お墓の区画をはっきりさせるため境界石を設けたものになります。流水や地崩れなどを防止する役割もあります。「境界石」「巻石」「境石」などとも呼ばれています。外柵の基礎部分は「根石」と呼ばれ、御影石やコンクリートで作られています。根石の上には「中石」「上石」が積まれ、「上石」の上面は羽目という加工がされています。外柵には小柱や塔婆立て、入り口に大柱が付属して設置されています。また、外柵は墓地のスペース、地域、時代などによって様々な形があります。墓地の敷地を高くした「舞台式」、全面に階段を設置した「階段式」などがあります。

カロート

納骨室(カロート)

納骨室(カロート)

 

カロートの語源は「カラウド」(唐堰)で、死者を葬る棺という意味です。墓石の下にある、お骨を納める場所で、材質としてはコンクリートが一般的ですが、湿気を吸収する大谷石も使われます。また、一番大切なお骨を守るところという認識により、御影石などで施工される方も多いです。カロートの大きさや形は、墓地自体の形や広さによって異なります。

カロートは大きく分けると「地上式」「半地下式」「地下式」の三つになります。また、一段型、二段以上型があります。和型墓地の場合は「半地下式」の二段、三段型のカロートを設置するのが一般的です。比較的小さな墓地では「丘カロート」という納骨棺と外柵を兼ねた「地上式」の一段カロートが多くなります。また、芝生墓地や壁墓地の場合では、墓地の形状からカロートは一段、または二段の地下式となります。
本来、カロート内の土の上にお骨を置いていましたが、最近では、骨壺のまま納骨することが多くなってきた為、底つきカロートが多くなってきました。

その他の付属品

お墓を設置する際、様々な付属品があります。すべてを設置する必要はなく、区画の広さや予算やお好みに応じて無理のない範囲で検討するとよいでしょう。お墓はカロートと石碑が基本的な施設ですが、その周りに生花をたてる「花立て」、お線香を立てる「香炉」、お水を入れる「水鉢」、お塔婆を立てる「塔婆立て」(浄土真宗は必要ありません)、故人戒名や生年月日、没年、生前の経歴などを刻む「墓誌」、灯明をささげることは最高の供養になるといわれ、灯明をささげなくとも、燈篭を設置することで功徳になります。また、邪気を払う意味のある「燈篭(灯篭)」、お経を読む際に経典を載せるための机の「経机(供台)」、本来はお墓参り前に手を洗い清めるための「つくばい」、お墓参りの際、手荷物を置く為の「物置台」、お墓参りに来た方が名刺を投函し、保管する場所の「名刺受け」、生後まもなくこの世を去った子供の供養のため、また、故人があの世で苦しむことがないようと願いの表れで建立される「お地蔵様」、墓の周りの地面に、雑草が生えるのを防ぎ、雨の時の泥ハネを防ぐために、また景観を良くする為に小さな玉石を敷き詰める「玉砂利」などがあります。

お問い合わせ

 ──フリーダイヤル──
0120-76-3211

メールでのお問い合わせは、下記メールフォームよりご連絡ください。